お客さまの声からの取り組み

「駅にベンチが少ない、くつろげるスペースがない 」一覧へ戻る

大阪モノレールの取り組み

平成12年度から実施:お客さま満足度向上に向けた取り組みのひとつとして、駅リビングプランを設けました。
当時の駅空間は、電車を乗り降りするための単なる通過点でしかないような状況でした。 駅施設に関するお客さまのご要望を受け、単に椅子を設置するだけではなく、駅をリビングルームのように気持ちよく、快適にお過ごしいただけるよう、ドリンクコーナーと併設した休憩スペースを整備したことや、沿線地域のみなさまとの交流の場として展示コーナーを設置するなど、駅施設の改修を行っています。

※これまでに取り組んだ駅リビングプランの主な内容
モノウェル、モノショップ、モノドリンク、モノラウンジ、モノギャラリー、モノレール美術館、モノレール文庫 など

このページの先頭へ