お客さまの声からの取り組み

「弱冷車を導入してほしい」一覧へ戻る

大阪モノレールの取り組み

平成18年8月実施:弱冷車を導入しました。
お客さまアンケートの実施において、約4割のお客さまから「弱冷車」導入のご要望がありました。この調査結果を参考に、気持ちよく、快適にご乗車いただけるよう通常の車内温度より2℃高い「弱冷車」を導入いたしました。

「弱冷車」は2号車(大阪空港方面から2両目)で、冷房温度を他の車両よりも少し高めに設定しています。冷え過ぎなど、冷房が苦手なお客さまだけでなく、真夏の暑い日には、外から車内への急激な温度変化による血圧や脈拍の変動、いわゆるクールショックの予防にも、『弱冷車』を上手にご活用ください。

お客さまの声に対する取り組み

このページの先頭へ