お客さまの声からの取り組み

「ホームと車両床面との段差をなくせないか」一覧へ戻る

大阪モノレールの取り組み

平成19年8月完了:全駅・全乗降口の段差を解消しました。
段差解消について、当初、車両の両端にある車いすスペースに合わせ、駅の一番前と後ろの乗降口に、ホームと車両床面との段差・隙間を改善するスロープを設置し、検証を行っておりました。その後、安全性が確認できたことから、全駅の全乗降口にスロープを設置しました。 これにより、車いすやベビーカーをご利用の方をはじめ、お客さまに円滑にご乗車をいただけるようになりました。 なお、平成19年3月に開業した豊川駅と彩都西駅は、当初からホームと車両床面との段差・隙間が縮小されるよう設計しております。

このページの先頭へ