駅ラボで梅花女子大×凸版印刷コラボ企画展示中

駅紹介♪


駅ラボ(万博記念公園駅)で梅花女子大×凸版印刷コラボ企画展示中

 

みなさん、大阪モノレール万博記念公園駅構内

駅ラボ(展示スペース)が開設されたのをご存知ですか?

営業開始25年を契機として、さらに地域連携・産学連携を推進するため、

沿線大学の学びの成果や、教育研究活動を発信する場をつくってくださいました。

その第一弾として、梅花女子大学での取り組みが現在、展示されています。

学生が制作した絵本や書道作品については、すでにご紹介しましたが、

もう一つ、ぜひ、ご紹介したい展示があります

FullSizeRender (5)
この透明のケースに入っているのは、梅花女子大学図書館所蔵の19世紀半ばのしかけ絵本のレプリカです。

凸版印刷さまが最新技術で再現されました

1851年に開催された第1回ロンドン万博の様子が描かれた絵本で、

何枚も絵を重ねることで、のぞくと立体感がでるしかけ絵本です。

今、残っているなんて、とっても珍しいことだそうです。

それが、私たち梅花女子大学図書館にあるのです

その貴重書を凸版印刷さまとコラボ企画で、現代版しかけ絵本として拡大して再現した作品を

駅ラボで展示しています。

内容は、つぎのとおり・・・

梅花女子大学×凸版印刷株式会社×ナレッジキャピタルのコラボ企画作品
~大人から子どもまで楽しめる不思議体験コンテンツ~
「超アナログ!でも3D?のぞきこみシアター」
(グランフロント大阪北館「The Lab. みんなで世界一研究所」で展示されたものです)

この企画は、なんと第2回ナレッジイノベーションアワードで、グランプリに輝きました

 

作品はのぞいて、楽しめます。

FullSizeRender (2)

 

展示期間は、2015年5月23日(土)~9月30日(水)となっております

解説パネルも展示しています。

FullSizeRender (16)

 

19世紀半ばのヴィクトリア朝の優雅な女性と衣装が描かれた原寸サイズの絵本と、

再現されたビックサイズ現代版しかけ絵本を

ぜひ、万博記念公園駅「駅ラボ」まで、見にきてくださいね

by ファッション情報研究室

空を見上げて(宇野辺駅周辺)

駅紹介♪


空を見上げてみよう

 

茨木っ子自慢のイオンモール茨木から、

大阪モノレール宇野辺駅に向かって歩いていくと、

大阪モノレールの線路が上空にあります。

晴れた日は最高

 

空を見上げてみてください

P1020459

 

青空を駆け抜けていく列車をみることができます

写真の列車は、ラッピング列車「どっちもたかつき号

「都市も、自然も。通勤も、子育ても。」

「あれもこれもが叶う街、高槻に住もう!」

という メッセージを込めているそうです。

高槻市のキャラクターはにたんが描かれているのがみえますよね

 

ラッピング列車には、いろいろな柄があります。

一番のおすすめは「チキンラーメン号」です。

子どもの頃、よく遊んだ列車のおもちゃが、

そのまま本物の空を駆け抜ける・・・

そんな風景を宇野辺駅周辺でもみることができます。

 

今日は、どのラッピング号に出合うだろう、と想いを馳せながら、

大阪モノレールに乗ってお出かけするのも、とっても楽しい

北摂の景色をみながら、青空のなかを走るモノレールに乗って、

ちょっと近場にハイキング

 

空を見上げてみれば、きっと楽しい一日が待っている、

そんな気分にさせてくれる

大阪モノレールの可愛くて、ポップな列車たち。

 

子どもたちのを運ぶ、

私たちに笑顔を運ぶ、

愉快なラッピング号をあなたもみてみませんか

 

みなさんの毎日がハッピーでありますように

 

by ファッション情報研究室

 

 

 

1 2 3

情報メディア学科
ファッション情報ゼミ
ホッとな和み系女子たち