2020年10月20日掲載

エスカレーター「歩かず立ち止まろう」キャンペーンの実施について

昨今、駅等においては、お客さまがエスカレーターをご利用になる際に、ご自身でバランスを崩して転倒されたり、駆け上がったり駆け下りたりした際に他のお客さまと衝突し転倒させるなどの事象が発生しています。また、エスカレーターで歩行用に片側をあける習慣は、片側をあけて乗ることのできないお客さまにとって危険な事故につながる場合もありますので、全てのお客さまが安心してエスカレーターを利用できるよう「歩かずに立ち止まろう」「みんなで手すりにつかまろう」等の呼びかけを実施します。


 キャンペーン期間:2020年10月26日(月)~11月30日(月)
 キャンペーン内容:デジタルサイネージによる画像放映等

 

今年度は、全国の鉄道事業者50社局、商業施設、森ビル、羽田空港、成田空港、(一社)日本民営鉄道協会、(一社)日本地下鉄協会、(一社)日本エレベーター協会、九都県市首脳会議(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)、福岡県と共同で、エスカレーターの安全利用を呼びかけるキャンペーンを実施します。

 

プレスリリース資料は、以下をご覧ください。
資料