大阪モノレールからのご案内

2018年大阪府北部の地震 大阪モノレール被災検証報告書をとりまとめました。一覧へ戻る

2019年3月13日

 2018年6月18日に発生した地震により、施設の一部が被災し運行再開までに日時を要したことを受け、より安全な運行のため、8月8日に学識経験者や関係行政機関等による「大阪府北部地震大阪モノレール被災検証委員会」を設置し、委員の方々より、専門的な見地から様々な意見をいただきながら、被災箇所の検証や耐震力の強化方策等の検討を進めてきました。

 このたび、3月11日に第3回委員会(最終)を開催し、いただいた様々な意見に対し当社として取り組む内容を盛り込んだ被災検証報告書をとりまとめました。

 この報告書を踏まえ、今後も発生しうる地震に備えるため、対策方法が確定したものは速やかに対策を実施するとともに、更なる検討が必要なものは、適宜、委員に助言をいただきながら詳細な検討を早期に進め、対策方法が確定したものから実施してまいります。

 

被災検証報告書(PDF)

 

 

≪参考≫(2018年12月19日掲載)

第2回「大阪府北部地震大阪モノレール被災検証委員会」を開催しました

 第2回委員会では、中間報告を行い、これまでの検討状況を踏まえ、今後の検討内容を確認するとともに、部品の落下防止策等について早期に着手すべきことを決定しました。

中間報告(PDF)

 

≪参考≫(2018年8月24日掲載)

第1回「大阪府北部地震大阪モノレール被災検証委員会」を開催しました

 第1回委員会では、発災から運行再開までの経過や被災状況を説明した後、今後検証すべきテーマについて議論していただきました。

次第

構成員

主な内容

このページの先頭へ