大阪モノレールからのご案内

沿線関係機関と非常時合同訓練を実施しました一覧へ戻る

2019年11月13日

例年、沿線関係機関と合同で実施しております非常時合同訓練を、2019年11月2日(土)未明に吹田市消防本部、吹田警察署、大阪府茨木土木事務所と合同で実施しました。

 

今年度の訓練は、列車が駅間で走行不能となった場合においてのお客さま救出(消防による「はしご車」での救出、列車搭載の脱出シュータによる救出)訓練、緊急救援作業車を用いた駅間停止列車への係員送り込み訓練、運転再開へ向け高所作業車を用いた点検訓練等、非常時における対応力強化を目的に実施しました。

 

今後も、非常時が発生した場合に、どう動くべきかを常に考え、沿線関係機関との連携をより強化し「お客さまの安全・安心」を第一に、安全運行に努めてまいります。

 

 

1.実施日時:2019年11月2日(土)1時15分~2時15分

2.実施場所:公園東口駅付近

3.参加機関:大阪高速鉄道株式会社、大阪モノレールサービス株式会社

       吹田市消防本部、大阪府茨木土木事務所、吹田警察署

 

4.実施状況

高所作業車による点検訓練 はしご車による降下訓練 
 kousyosagyousya hashigosya
 脱出シュータによる降下訓練 緊急救援作業車組立訓練
 shooter kinkyuusagyousya

 

 

5.参考【駅間で列車が走行不能となった場合のお客さまの救出方法】

万一、列車が駅間で走行不能となった場合、以下にご紹介する方法によりお客さまを救出いたします。

(1)前後救出  
救援する列車を故障した列車に連結して、乗り移っていただく方法です。
 zenngo1zenngo 
  
(2)側方救出 
  救援する列車を故障した列車に横づけして、乗り移っていただく方法です。
 sokuhou1 sokuhou2
  
 (3)レスキュー救出 
  消防隊により、はしご車を使用して、列車から地上に降りていただく方法です。
 hasigo1 hasigo2
  
 (4)降下救出 
  列車に備え付けた①脱出シュータや②緩降機を使用して列車から地上に降りていただく方法です。

①脱出シュータ
shu-ta1

  ②緩降機
 kannkouki1

このページの先頭へ