大阪モノレールからのご案内

全駅係員のサービス介助士資格取得を推進しております一覧へ戻る

2021年4月1日

大阪モノレールでは、経営理念の一つである「人にやさしい鉄道」を目指して、お客さまにより安心・快適にご利用いただけるように施設・車両のバリアフリー化に取り組んでいます。

ソフト面においても、全てのお客さまに安全、且つお気持ちに寄り添ったお手伝いができるよう社内外の研修で知識習得や技術の向上に取り組んでいるところです。

 

さらに昨年度より、2025年度までに全駅係員の「サービス介助士資格取得」を経営目標として掲げました。今後もさらなるサービス向上に努めてまいります。

 

carefitter3

※上記のマークは、公益財団法人日本ケアフィット共育機構が指定するマークです


※「サービス介助士」とは
ご高齢のお客さまや障がいをお持ちのお客さまをご対応する際の「おもてなしの心」と「介助技術」を学び、全てのお客さまにより安心していただきながらお手伝いができる人を育成するための資格です

 

サービス介助士について:https://www.carefit.org/carefit/

このページの先頭へ